●歯を失った歯槽骨にチタン製の人工歯根を埋め
   込んで、その上にセラミック製のさし歯を被せます。

  ●入れ歯(義歯)に比べて、噛み合わせ時の痛みや
   違和感もなく、日頃の歯みがき(ブラッシング)
   さえしっかり行っておけば、対応年数も長く、
   安心できる治療法です。

   
【上顎の前歯3本にインプラントを埋め込んだ症例】

●このような場合に『部分入れ歯』を用いると、両隣に残った健全な歯に義歯のフックをかけることになり、
 そのフックが見えることで口元の見栄え(審美性)も悪くなり、さらにフックがかけられた健全な歯に
 過度な負担がかかる場合には、その歯自体に悪影響を及ぼすこともあります。

●インプラントを用いることで、このような心配事やわずらわしさから解放されます。

 
【上顎の前歯1本にインプラントを埋め込んだ症例】

●右側の2本は自身の歯を削って、さし歯をかぶせる土台(支台歯)を作りましたが、左側の1本は
 抜歯したためインプラントの人工歯根
を埋め込みました。
●次に、その人工歯根の上に金属製の土台を装着して、最後にセラミック製のさし歯を被せます。

●3本とも同じ材質のセラミック製のさし歯ですので、違和感もまったくありません。
 
【上顎の歯すべてをインプラントで回復した症例】

●わずか6本のインプラントを埋め込むだけで、上顎の14本すべての歯を回復できます。
●インプラントが埋められていない部分の歯も、下顎の歯との噛み合わせを十分に考慮された形で
 強固に連結(ブリッジ)されていますので、総入れ歯とは比べ物にならない力強さで噛み合わせる
 ことが出来ます。
 

【下顎の歯すべてをインプラントで回復した症例】

●上顎は以前から使用している総入れ歯で、下顎14本すべてをインプラントで回復しました。
●インプラントを埋め込んだ後の一定期間は、写真(1)のようにインプラントに蓋をした状態で
 歯槽骨や歯肉が良好な状態に落ち着くのを待ちます。もちろんこの場合には暫時的な入れ歯を
 装着しますので、日常的な会話や食事などに支障はありません。

歯槽骨や歯肉が落ち着いたら、インプラントの上に金属製の土台(支台歯)を装着して
 その上に被せるさし歯を製作します。
●ただし、この症例の場合は下顎の歯肉(歯槽骨)が退縮しているため、通常のさし歯の下部に
 歯肉部分をレジンで追加した形で製作されています。こうすることで、口元の自然観を損なう
 ことなく機能をも回復することが可能になります。