顎の関節は両耳のすぐ前(左図点線内)に位置しています。
 物を食べたり話したりする時には、この関節部を軸として
 下顎が動く(回転・前後運動)わけですが、この運動時に
 骨がぶつかり合わないように緩衝材の役目をはたす部分が
 『関節円板』(左図,下図の赤色箇所)です。
 
 
 正常な咬み合せの場合には、下顎の運動
 (移動)に従って関節円板も移動して、
 十分な緩衝材として機能します。

 しかし、
咬み合せに異常がある場合は、
 下図のように関節円板の位置にズレが
 生じて顎の骨が当ったり、こすれたり
 する状態を生み出します。
 
     
   
 


 下顎が正常な前方運動をする場合は、下顎の前歯の
 尖端が上顎の前歯のウラ面を滑走移動することで、
 奥歯(小臼歯・大臼歯)の間には隙き間ができます。


 歯が磨り減っている、歯並びが悪い、芳しくない治療
 による治療物(補綴物)が入っている......等々、さま
 ざまな原因で正常な咬み合せがなされていない状態で
 は、下顎の運動時に関節円板が位置ズレを起こして、
 例えば左図のような異常を生じます。
   

 一般的な顎関節症の場合には、
 問診と適切な観察による診療
 経過を経て、このようなレジ
 ン製のスプリント(バイトプ
 レート)を製作します。

  適切な位置で上下の歯が咬み合わせられるように製作されたスプリント
  を就寝時に装着して、顎関節が正常な状態に回復されるよう経過観察を
  続けます。
  この経過観察を受けて、
最適な咬み合せと顎関節の状態に合わせてスプ
  リントを何回か作り直す場合もあります。