設備写真1
キャッチ1
タイトル1
インプラントを埋める部分の骨の高さや幅、神経の位置
関係などを立体的に見て、より正確で安全な治療計画を
立てることが出来ます。              
診断写真1
タイトル2
親知らずを安全に抜歯するには、アゴの中を通る神経
や隣の歯との位置関係が重要です。CT撮影を行うと
それらがより明確に確認出来ます。        
診断写真2
タイトル3
アゴの骨・関節は通常のレントゲン撮影では分かりにくい
場合があります。CT撮影することで、関節の変形などを
具体的に調べることが出来ます。           
診断写真3
タイトル4
アゴの中に埋っている歯の位置と方向を
立体的に診断することが出来ます。  
診断写真4
設備写真2
キャッチ2
タイトル5
むし歯部分にレーザー光を照射して、むし歯部分のみを
削除します。                   

症例写真1
タイトル6
歯肉内部に沈着した色素(メラニン)を除去します。

症例写真6
タイトル7
歯周ポケット内にある歯石を除去します。

症例写真7
タイトル8
インプラント治療などの際に、レーザー光で歯肉を切開
します。痛みや出血が少なく済みます。       

症例写真8